HOME > 団体概要

団体概要

会員数
(含サポーター)
約210人 2014年末現在
設立総会 2004年1月23日
設立年月日 2004年5月20日
理事 今川夏如
橋本勇太
加集希世子
三好草平
佐藤ともを
遠藤記央
小野千代子
小野佳祐
町田美由紀
田村彰啓
小浦貴史
監事 戸口綾子

▲ページトップに戻る

設立趣旨書

 いま、紛争、戦争が世界のいたる所で行われている。 日本では地域コミュニティや、家庭の崩壊、親殺し子殺し、自殺者の激増など、 耳をふさぐ事件が連日のように報道されている。政治の貧困、経済の混乱、 思想宗教の衰退などその原因は数多い。

 現代は心の時代と呼ばれる。私たちはこの原因を心の貧困、 心の潤いを失った結果であると考える。 では、心に潤いをもたらすものはなんであろうか。 私たちは、その中に歌、そして音楽があると思う。人は歌を口ずさむことで、 傷ついた心を癒し、わだかまりを解きほぐし、友情と連帯の輪を広げてきた。 世界の民族で歌を持たない民族はない。歌が、共感のいしずえとなり、 民族や社会の歴史を育んできた。

 そこで、私たちは、特定非営利活動法人みんなの夢の音楽隊を設立し、 歌や音楽の輪を広げる活動を行う。この活動は、単に歌や演奏を聞かせるだけでなく、 出演者も聴衆も一体になって歌い演奏する活動である。 歌や音楽の演奏は自己表現である。自由な自己表現こそが人を救うからだ。 コンサート会場だけではなく、地域の集会場、高齢者やハンディキャップを 持った人々の施設、およそ人が集まる場所で活動の輪を広げたい。 特に次の世代を担う子どもたちや若者にその輪を広げていきたい。 その輪が、戦火や内紛にあえぐ難民やその子どもたちにまで広がることが私たちの 「夢」である。この活動が世界の平和と人類の安寧をもたらし大いに公益の増進に 寄与できるものと確信する。

 しかしながら、活動を実施する上で活動拠点である事務所の賃借や様々な 契約の際に支障が出ることも予想されるため、法人化は急務となっている。 この会は、ボランティア活動を中心とした、営利を目的とする団体ではないので、 いわゆる会社法人は似つかわしくない。また、平和の推進、文化芸術の振興、 子どもの健全育成等に寄与することを目的とする観点から、 特定非営利活動法人の設立が望ましいと考える。

みんなの夢の音楽隊 代表
今川夏如(いまがわなつゆき)

▲ページトップに戻る

理事長挨拶

理事長 今川夏如  みんなの夢の音楽隊とは、歌を歌ったり音楽を聴いたり、 音楽活動を通じて地域の人々の交流の輪を広げ、 現代に失われた人と人とのつながりを、もう一度取り戻し、 ひとりひとりが自分らしく生きていくことを応援する仲間たちのことです。 私たちは、子どもも大人も、障害のあるなし、国籍を問わず、 だれもがみんなで楽しく歌を歌い続けられるように、日々活動しています。
 歌や音楽を通じて、日頃の生活や、自分の悩み事、社会問題や地域の問題、 自分たちをとりまく様々な問題を語り合い、よりよい人間関係、 地域づくりに貢献していきます。どうぞお気軽にご参加ください。

今川夏如

▲ページトップに戻る